アニメイン

ローゼンメイデン Rozen Maiden 全12話

周りの人達からの過度な期待にさらされて、そのプレッシャーに耐え切れなくなり引き篭るようになってしまった青年と、彼の元に突然やってきたローゼンメイデンと呼ばれる心を宿した人形達との、心の触れ合いをメインテーマにしている作品。家の中で、我侭いっぱいに振舞ってばかりだった主人公が、個性的なローゼンメイデンの少女達と共に暮らしていくうちに、だんだんと素直で優しい心を取り戻していくようになる、そんな過程が全編に渡ってとても丁寧に、そして情感豊かに描かれていました。

桜田ジュン/真紅

桜田ジュン/真紅

至高の美を追求して作られた彼女達は、どの子もみんな、完璧なまでの造形美を誇っています。綺麗なドレスを身に纏って、チョコチョコと動き回る姿は、もう本当に愛くるしいの一言に尽きる可愛らしさでした。

赤いドレスと金髪のロングヘアーのコントラストが、とても凛々しく映るヒロイン・「真紅(しんく)」を中心に、無邪気で明るい性格の「雛苺(ひないちご)」や、上品な言葉遣いとケンカ口調とが、面白い具合にミックスされている意地っ張りな性格の「翠星石(すいせいせき)」、そして「翠星石」の双子の妹で、姉とは正反対の口数の少ない物静かなタイプの「蒼星石(そうせいせき)」といった具合に、とても個性的な彼女達が繰り広げる賑やかな日常の風景が、観ていてとても楽しかったです。

しかし、そんな可愛らしい彼女達も、彼女達を作った人形師「ローゼン」にとっては、まだまだ発展途上の中途半端な作品でしかなかったのです・・・。

自分が追い求める至高の女性像(「アリス」と呼称されています)を作り出すためには、今までに作った7体のローゼンメイデンを互いに競い合わせて、彼女達自らがアリスに到達するように仕向けるしかないと考えたローゼンは、「アリスゲーム」と呼ばれる命懸けの生存競争をするよう、彼女達に申し付けます。ローゼンのことを、「お父様」と呼んで心から慕っている彼女達は、そんな彼の想いに応えて、何百年もの間ずっと争い続けてきたのです。

アリスになりたいと願いながらも、仲間の人形達のことも大切に守りたいと願う「真紅」と、手段を選ぶことなく襲い掛かってくる「水銀燈(すいぎんとう)」との迫力ある戦闘シーンなど、本作では、ドキドキハラハラさせられるシーンも、たっぷりと用意されていました。

いまだ登場してきていない他のドールの存在や、アリスゲームの核心に迫る話題など、第1シリーズでは最後まで明らかにされなかった部分については、続く第2シリーズ・ローゼンメイデン トロイメントで、詳しく語られることになります。ですので、続けてそちらのレビューも書いてみたいと思います。(波城)

(英題:Rozen Maiden)10点

アマゾンで作品を購入

おすすめの美少女作品

米国アマゾン

In Association with Amazon.com海外通販を始めるなら、世界最大手のAmazon.comが最適!日本未発売商品も多数あります

日本のアマゾン

Amazon.co.jpAmazon.co.jpなら北米版もらくらく購入♪国内配送料が無料なのも嬉しいポイントです
管理人:波城りん メールアドレス
Copyright (C) 2003‐2015 アニメイン All Rights Reserved.
アニメ・イン