アニメイン

楽勝!ハイパードール 全2話

地球の平和を守る為、宇宙の彼方より遣わされた2人の美少女戦士、ドールミュウ(文月 美憂)とドールマイカ(水無月 舞佳)。彼女達と化け物との戦いを、コミカルに描いたOVA作品です。

とかくSF物というと、難解な設定に頭を悩ませられることが多い私にとって、本作のような単純明快なストーリーは非常に有難いです。

ドール・ミュウ:左/ドール・マイカ:右

ドール・ミュウ:左/ドール・マイカ:右

ヒロインのミュウとマイカは、正義の味方であることへの自覚が、全くといっていいほどありません。怪物(クラゲマンやイナゴマン)が街を破壊しているにも関わらず、一向に戦う気配すらみせないほどの無責任ぶり。のんびり飯を食ってる場合じゃないだろーと、2人を急かせる主人公(赤井英夫)のうろたえぶりが、見ていて非常に面白かったです。

でも、この不真面目極まりない態度はそのまま、彼女達の最大のチャームポイントにもなっています!

もともとは得体の知れない宇宙生物なのですから、常識など備わっているほうが不自然というもの。何の悪気もなく多くの人々を巻き添えにして暴れる様子からは、幼児特有の無邪気な残酷さを感じとることが出来ます。そうです、幼子に罪は無いのです。

悪気が無いからこそ、逆に始末に悪いんだという見方もあるでしょうが、そこは許してあげましょうよ。だって、あんなにも可愛らしいんだから。

ミュウとマイカ以外にも、間祥子ちゃんという、生真面目で幼馴染なキャラも登場してきますが、この子も2人に負けず劣らずの萌えっぷりでした。

「赤井〜!!」と大声を出して叱り付ける姿(中でもあの声!)がとても印象的な子です。(なんか久しぶりにこの声を聞いたら、セイバーマリオネットJのチェリーを思い出してしまいました。「小樽さま〜っ!」・・・うーん、思い出しただけでドキドキしちゃいます)

作画もきれいですし、動きもスムーズなこのアニメ。作品としての出来はかなり良いはずなのに、イマイチ人気がないのは何故でしょう?テレビシリーズとして放映されていれば、きっとブレイクしたに違いないのになあ・・・。

程よい色気に、程よいフェチシズムを感じさせてくれるアニメとして、私の中ではいまだにお気に入りの一本です。

P・S 米国では結構人気あるんですよね、このアニメ。日本盤DVDも出ていますけど、ジャケットの出来は北米版に遠く及びません。つくづく勿体無い話です・・・。(波城)

(英題:Hyper Doll Mew Mica The Easy Fighters)8点

アマゾンで作品を購入

おすすめの美少女作品

米国アマゾン

In Association with Amazon.com海外通販を始めるなら、世界最大手のAmazon.comが最適!日本未発売商品も多数あります

日本のアマゾン

Amazon.co.jpAmazon.co.jpなら北米版もらくらく購入♪国内配送料が無料なのも嬉しいポイントです
管理人:波城りん メールアドレス
Copyright (C) 2003‐2019 アニメイン All Rights Reserved.
アニメ・イン