アニメイン

のんのんびより 全12話

とある地方の農村に、東京から飛行機に乗って引っ越してきた小学校5年生の一条蛍ちゃんが、小中合わせて、たった4人だけの小さな分校に転校生としてやってきて、それまでの暮らしとはまるでかけ離れた、田舎ならではのスローライフに戸惑いながらも、みんなとともに仲良く遊び、そしていろいろな事を学んでいくことになる。そんな心温まる優しい情景と、元気にはしゃぎまくる子供たちの素朴な姿に、自然とこちらまで元気がもらえるハートウォーミング系の素敵な美少女アニメでした。

一条蛍/宮内れんげ/越谷小鞠/夏海

一条蛍/宮内れんげ/越谷小鞠/夏海

桜の咲き誇る春先から、田植えの時期、真夏の海水浴シーズンを経て、紅葉の美しい秋、そしてお正月には近所の小高い山から初日の出を眺め、雪の降る季節には、かまくらの中で温かい豚汁をみんなでフーフー言いながら頬張り続ける。そんな季節の移ろいとともに、その時々でしか体験できない数々のイベントをとても丁寧に描写していて、四季のあることの素晴らしさや、昨年と同じ春を再び迎えられることのありがたさみたいなものを、たくさん感じ取ることができました。

登場するキャラクターは、どの子もみな個性的で可愛くって大好きなのですが、中でも個人的に最も気になったのは、転校生の蛍ちゃんでした。

都会育ちで最初のころは非常に大人しい子だった蛍ちゃんですが、転校早々、今年入学したばかりの宮内れんげちゃんに「ほたるん」と言って懐かれ、独創的な彼女のおかげであっという間にみんなの輪に溶け込んでいくようになります。そしてさらに、どう考えても小学校低学年くらいにしか見えない中学2年生の小鞠(こまり)先輩に突如ハマったかと思えば、「こまぐるみ」と名付けた先輩そっくりのぬいぐるみを何個も作って悦に入ったり、はたまた学校にお泊りしたときには、お調子者の夏海先輩(こまちゃんの妹で中学1年生)相手に、たったひとつの布団を取りあって必死に頑張ったりと、とにかくこの1年で最も大きな変化を見せたのはほたるんだったのです。

はじめてほたるんを見たときは、まさかここまで生き生きと、無邪気にはしゃぐ女の子になるだなんて、まったく想像すらできませんでした。しかも、より元気に子供っぽくなったことで、すっかり成長した外見とのギャップはさらに広がるばかりで、そんなアンバランスなところも最高に可愛くって萌えちゃいました。わずか一年間で、ここまでほたるんを変えた田舎パワー、ホント凄すぎです。

まるで上質な絵画でも見ているかのような、美しい背景画像の数々も、この「のんのんびより」というアニメの大きな特徴のひとつだと言えるでしょう。田舎ならではの原風景がとても丁寧に描かれていて、どこか懐かしさを感じさせてくれるその温かい雰囲気に、たびたび心癒されました。

キャラクターの魅力はもちろんですが、この素敵な背景があるからこそ、私は何度も繰り返してこの作品を見ているのだと思います。こんなにも豊かな自然の中で、のびのびと暮らしているれんちゃんや、こまりちゃん、なつみちゃん、ほたるん、そしてそんな彼女たちを優しく囲む周りの人々を見るのが、なんとも言えず心地良いのです。第二期の制作も決まった本作(タイトルはのんのんびより りぴーと)に、どうかこれからもたくさんの元気と癒しをもらえますようにっ。(波城)

(英題:Non Non Biyori)10点

公式サイト

おすすめの美少女作品

米国アマゾン

In Association with Amazon.com海外通販を始めるなら、世界最大手のAmazon.comが最適!日本未発売商品も多数あります

日本のアマゾン

Amazon.co.jpAmazon.co.jpなら北米版もらくらく購入♪国内配送料が無料なのも嬉しいポイントです
管理人:波城りん メールアドレス
Copyright (C) 2003‐2019 アニメイン All Rights Reserved.
アニメ・イン